@IT会議室 新規書き込み停止(2012年10月9日)のお知らせ

@ITの会員制度「@ITクラブ・メンバーシップ」(@ITクラブ)は、10月9日より、弊社が運営するメディアの共通会員制度である「アイティメディアID」へ移行することになりました。これに伴い、@ITクラブのサービスの一部を変更させていただきます。

@IT会議室については、2012年10月9日をもって新規書き込みを終了いたしました(閲覧は引き続き可能です)。今後、質問や回答などは「QA@IT」(http://qa.atmarkit.co.jp/)をご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

ファイルサーバアクセスが遅い


progman

2010-07-08 10:35

サーバ
 Windows Server 2008 STD SP2
 ドメインサーバ ドメイン名 filesv.local

クライアント
 ・XP Pro SP2等 16台
 ・全て同一IPセグメント
 ・全てワークグループ参加でありワークグループ名は"workgroup","MSHOME"で
  あったりランダムな記号であったりバラバラ。サーバアクセス制御はローカル
  ログインと同一なユーザ名・パスワードをサーバ上に設定しおこなっている。
 ・サーバとはHUB経由で1、2段
 ・クライアント側からのサーバへのpingは
   Reply from server IP: bytes=32 time<1ms TTL=128
  で必ず1ms以下で返る。

問題現象
 ファイルサーバのフォルダ、ファイルをアクセスすると遅い。
 エクスプローラーの一覧で配下1個のフォルダ一覧表示に30~40秒、場合によ
 っては1分かかる。
 1月ほど前サーバの入れ替え(コンピュータ名、共有名は同一)おこなっており
 それ以降発生している様。

回避1
 XP Pro SP2, HUB一段経由のPCでワークグループ名を"MSHOME"から"workgroup"に
 変更すると3秒以内に数個のフォルダ一覧が表示されるようになった。

回避2
 XP Pro SP2, HUB一段経由のPCでアクセス法を"\\server\share\~"ではなく、
 "\\server\share\"をHドライブに割り当てし"h:\~"でアクセスすると
 3秒以内に数個のフォルダ一覧が表示されるようになった。
 ワークグループ名はもとから"workgroup"であった。

回避1,2の対象PCのHUBは別セグメント
その他のPCでは特に遅いという声はあがっておらず、試した2台では10秒以下
で表示される。
何度も同じフォルダの再表示をおこなっても、ほぼ同一の結果となる。

質問
 回避策で問題はなくなっていますが、これが対策となっているのは理解に苦しみ
ます。原因、抜本的対策を追求する手だてはないでしょうか?
 回避2を実施したPCでは問題現象がおこる場合、おこらない場合を簡単に再現
できるので、それぞれでトレースをとるのも手ですが、もっと簡易にできる方法は
ないかとおもっています。



コメント

2010-07-08 12:05

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;888860

はどうです?

2010-07-08 14:07

>ドメインサーバ ドメイン名 filesv.local

これはfilesv.localドメインにログオンしているメンバーサーバーという意味でしょうか?

で、クライアントが
>XP Pro SP2等 16台

であるのにクライアントPCはワークグループで運用してるのでしょうか?

ではこのfilesv.localドメインは他にどんな役割があるのでしょうか?
何のために件のサーバーはfilesv.localドメインに参加しているのでしょうか?

また、
>・クライアント側からのサーバへのpingは
   Reply from server IP: bytes=32 time<1ms TTL=128
  で必ず1ms以下で返る。

これはIPアドレスによるpingですよね?
サーバー名によるpingも同じような応答でしょうか?

2010-07-08 19:25

とりあえず、HUB が影響している可能性があるんですが、基本は クライアントとサーバでトレースを取るといいと思います。

とりあえず、2008 側で SNP の無効化。
Windows Server 2003 ベースおよび Small Business Server 2003 ベースのコンピューターの既定の SNP 機能をオフにする更新プログラム
http://support.microsoft.com/kb/948496/ja

の後半の レジストリでの無効化 -> reboot

と、

クライアント側での Web Client サービス無効。

これでひとまずどうでしょう?

2010-07-09 16:57

レスありがとうございます。

質問したのは、とりあえずやってみる対策が知りたいのではなく、
 原因、抜本的対策
を調べる方法です。

トレースは昔(NT3.5の頃)WindowsだけでなくNetwareやUNIX系等で、採取・調査してましたがNTだけは、十分な関連情報が得られず、あまり根拠もないまま対策を実施してトラブルを収束した記憶があり、いいアプローチとならなかった記憶があります。

今はトレースツールや関連情報も変わっていますが、どうでしょう?

それとも、とりあえずいろいろやって様子をみるのが、「今」のトラブルシューティングでしょうか?


2010-07-10 12:29

ならばまずは貴方自身が原因を切り分けてください。
そして原因に対する対処方法を質問してください。

今も昔もトラブルの対処方法の根本的なところは何も変わらないと思いますが?
貴方のおっしゃる「今」で無い時代は原因切り分けもせずに対処できたのですか?

2010-07-11 05:28

過去のご質問も拝見しましたが、「まず設計をする事」そのための前段階として新旧Windows ServerとWindowsクライアントについて知る事。
原因、抜本的対策を追求する手だてと考えますが、いかがでしょうか。

運用後のトラブルが続いた果てに崩壊するかもしれない「とりあえず運用」は避けて、先に設計をして移行するのが「今」の運用です。
役立つ書籍として、「Microsoft Windows Server 2008リソースキット ~~編」があります。
何巻にも渡る長大な資料ですが、移行前のチェックシートに始まって互換/非互換機能、運用開始に至るまでの道が示してあります。

2010-07-11 10:01

いろんな物が複雑になって、ブラックボックス的になってきている
部分はあると思うので、とりあえずいろいろやって様子をみるという、
傾向はあるでしょうね。

もっとも、「様子を見る」を「検証をする」に置き換えれば、
そんなに間違った事を言っている気もしません。


さて、5年ぐらい前に、同じようなトラブルに遭遇しました。

状況は、記憶の彼方にある部分もありますが、
ping はすぐに返ってくる。
LAN は、HUB 一つと、PC 2台のみで、ルーターさえも無し。
数kb 程度のネットワークファイルのアクセスに 10 秒以上かかる事がある。
発生する箇所で、発生する業務パターンでは、たしか 50 ~ 80% 程度の再現性。

数十か所に同じ構成を導入しましたが、何故か数か所で
同じような現象が起こりました。

最初はずっと PC 側を疑っていたのですが、
結局、原因は HUB でした。

普通のスイッチングハブだったんですが、ロットによるのか、
製品の特性なのか分かりませんが、全拠点で別メーカーの HUB に
置き換えたら、ぱったりと収まりました。

ちなみに、置き換え前は、その辺の量販店で売っているようなモデルで、
置き換え後は、Allied Telesys にしました。

2010-07-12 16:38

ping は 一発やって レスポンスが早いだけでななく、ping ipアドレス -t で5分間くらい継続してみてレスポンスが返らないことがあるかどうかテストしてみないと 本当に大丈夫かわからないです。
ファイルをクライアントとサーバー間でコピーしてみて理論値よりも桁違いに遅ければ、サーバーやスイッチのポート設定がFULLとAUTOのように違っていることが原因していることが多いです。